ノグラボ「超」整理手帳コミュニティ
ニュース ブログ  「超」整理手帳Wiki  フォーラム  「超」整理手帳のノグラボストア

「超」整理手帳Q&A

「超」整理手帳のノグラボストア

「超」整理手帳とは何か、「超」整理手帳の使い方などについて、ユーザの皆さまが感じる疑問・質問をいろいろまとめてみました。

Q1:「超」整理手帳ってなんですか?
Q2:「超」整理手帳スケジュールシートの表面がいっぱいになりました。裏面はどうやって使うのですか?
Q3:なぜ、「超」整理手帳には1種類のリフィルしかないのですか?
Q4:スケジュールシートの日付が中途半端です。次の年へのスケジュールシートの切り替えはどうすればよいのですか?

Q1:「超」整理手帳ってなんですか?
A1:「超」整理手帳は、経済学者野口悠紀雄(現早稲田大学大学院ファイナンス研究科教授)が1994年に考案した手帳です。

「超」整理手帳は、普通の手帳のマンスリー以上の一覧性を持ちながら、ウィークリーの書き込み量を実現しています。数週間先を見据えながら、現在の予定を立てていくことこそ、スケジュール管理にとって最も重要なことだ、という野口悠紀雄の発想から生まれました。また、A4四つ折りというサイズであること、抜き差し可能であることなど、従来の手帳にない画期的な特徴を多く備えています。なお、この手帳の詳細な解説については、「『超』整理手帳とは? ITと紙のコラボレーション」をごらんください。

[↑上に戻る]

Q2:「超」整理手帳スケジュールシートの表面がいっぱいになりました。裏面はどうやって使うのですか?
A2:スケジュールシートの根元を谷折りにしてください(図参照)。

表面を使ってるときには、スケジュールシートを引き出すと、右へ伸びていきます。根元を谷折りにして、スケジュールシートをひっくり返すようにします(差し込み口は動きません)。すると、今度は、スケジュールシートは左側に伸びていきます。この方法は、長年使っているユーザでも知らない方もいらっしゃるみたいです。一度見ると、すぐにわかりますので、動画などでのデモンストレーションを準備中です。

[↑上に戻る]

Q3:なぜ、「超」整理手帳には1種類のリフィルしかないのですか?
A3:難しい問題です。が、引き続き検討します。
一つは生産側の問題です。現状ではコストの問題から、複数のスケジュールシートを作成することは難しいと考えています。

もう一つは、現在のスケジュールシートのデザインが、一覧性と一日の書き込みスペースを両立させているという意味で、最も優れていると考えるからです。ユーザの皆様からは、書き込みスペースが少なすぎる、というご意見をしばしばいただきます。ただ、どのようにして、一覧性を確保しつつ、書き込みスペースを広げればよいのか、という点について、いまだ意見の一致が見られていません。

たとえば、こんなウィークリー手帳があります。

このように、A44分の1サイズを週の半分にあてたら、確かに書き込みスペースは広がります。ただ、次のようなスケジュールシートを想像してみてください。

これだと、長期スケジュールを一覧したときに、曜日の感覚をつかむことができなくなります。このようなレイアウトは、綴じ手帳にのみ通用するレイアウトだと、現時点では考えています。

では、次のような手帳だとどうでしょうか?

一日をA44分の1にわりあてれば、現状のスケジュールシートの7倍の書き込み量が確保できます。ただし、一覧性は失われてしまいます。現在のスケジュールシートは、ジャバラが8ページですから、全部を広げても1週間しか見渡せません。これでは、従来のウィークリー手帳と全く同じことになってしまいます。このように、どのようなレイアウトが望ましいか、については、非常に難しい問題があるのです。

ただし、ユーザの立場になって考えることはとても重要だと考えています。そこで、今後も引き続き、ノグラボでは、新レイアウトの検討を進めていこうと思っています。まずは、PDFなどで、様々なレイアウトのシートを紹介し、皆様に評価して頂くことなどを進めていこうと思っています。ご意見を、ぜひお寄せください。

[↑上に戻る]

Q4:スケジュールシートの日付が中途半端です。次の年へのスケジュールシートの切り替えはどうすればよいのですか?
A4:これも難しい問題ですが、ユーザごとに工夫しているようです。
「超」整理手帳のスケジュールシートは、両面16週間のシートが4枚付属しています。したがって、記載可能な週は64週となります。しかし、1年は54週です。したがって、必然的に10週間(2ヶ月以上)は、日にちが重なってしまいます。

この問題は使い方次第で、解消可能だと考えています。たとえば、古いスケジュールシートから新しい方へ内容を転記してもよいですが、ノグラボの提案は、前年版を最後まで使い切り、翌年版はその続きから使う、という方法です。1本目のスケジュールシートの余る部分を切り取り、使わない週に×印をつける、といった方法をとれば、切り替え時期に頭を悩ませる必要はなくなります。せっかく新しいスケジュールシートを買ったのに捨てるのはもったいない、というご意見もありますので、全ての方におすすめできる方法ではありませんが、簡単に解決できる方法として、試してみてはいかがでしょうか。

[↑上に戻る]

   
「超」整理手帳公式ページ
Q&A
オフ会報告
投稿リフィル
インタビュー
スキュタレー暗号
Facebook
ORTHODOXEE
国立商店
       
bk1
「超」整理手帳のノグラボストア
ニュース   ブログ   「超」整理手帳Wiki   フォーラム   野口悠紀雄Online
ノグラボについて ノグラボプライバシー指針について
Copyright 2007- Nogulabo All rights reserved.