ノグラボ「超」整理手帳コミュニティ
ニュース ブログ  「超」整理手帳Wiki  フォーラム  「超」整理手帳のノグラボストア

「超」整理手帳のノグラボストア

「超」整理手帳とは、ITとの親和性を考えて作られた手帳である。ネットの時代に“紙”を組み合わせるという一見逆行とも思えるところに,この手帳の特徴がある。

他の手帳を使っているが、どうもタイムスケジューリングや情報マネジメントがうまくいかない、という方は、この手帳にトライしてみてはいかがだろう。単に紙に予定を記載するだけでなく、ネットやPCにまでつながる非常に拡張性の高い手帳である。その特徴を詳しく見てみよう。

「超」整理手帳が初登場したのは1996年。A4横四つ折という斬新なカタチと、8週間が一覧できるジャバラ式のスケジュールシート(予定表)が4本差し込まれているという、かなりインパクトのあるものだった。だから、いまでも「超」整理手帳といえば、ジャバラ式の「変わった」手帳と思っている人も少なくない。

だが、「超」整理手帳は、実は非常にシンプルな手帳だ。難しいルールや独特の教義のようなものは何もない。では、「超」整理手帳のメリットはどこにあるのか? まず、「超」整理手帳を大解剖してみよう。

まずはジャバラのシート。8週間が一覧可能になっている理由は、「時間管理のためには、長期的なスケジュールが一覧できなくてはならない」、という野口教授の主張にもとづく。あとにくる重要な予定をにらみながら、現在の仕事を進めておかないと、重要な用件の締め切り間際になって突然死にそうに忙しくなる。

ウィークリーやマンスリーなど、他の手帳ではどうもスケジューリングがうまくいかないと不満を感じている人は、一度この手帳を試してみてほしい。

「超」整理手帳を知らない人に見せると、「中途半端に大きい」とか、「もっと小さければ使うのに」という。でもその見方は間違っている。なぜなら、このサイズこそが「超」整理手帳の本質だからだ。

「超」整理手帳は、A4用紙を横にして四つ折りにすると、何の加工もせずに挟み込むことができる。だから、オフィスの書類を持ち歩くのも、自作リフィルやメモ用紙を作るのも、他の手帳と比べると、圧倒的に簡単だ。

また、「超」整理手帳ユーザーにはPCユーザーが多い。PCからプリントした紙をそのまま挟み込めば、それが自作のリフィルになる。だから、「超」整理手帳ユーザーの間では自作リフィルづくりが熱心に行われている。

そして、A4対応という特徴は、ますます重要性を増している(※2)。現在では、ほとんどのオフィスでA4が標準となった。いまやA4対応は文具や小物の最低条件だ。女性用のビジネスバッグもA4対応が条件になる時代である。

「超」整理手帳のもう一つの特徴は、「差し込み式」にある。「モジュール化」である。

モジュールとは、全体を構成する基本的な単位(=ユニット)のこと。標準化された設計のうえに、製品がいくつかの単位に分けられている場合、この製品のことを「製品のモジュール化」とよぶ。モジュール単位での変化に柔軟性を持たせることで、製品の多様化と高度化が可能になるのだ。

IBMは、パーソナル・コンピュータを短期間で開発するために、既製品を組み合わせ、PC互換機を開発した。CD-ROMドライブやCPUといった各部品がモジュール化されているため、モジュールの組み合わせを変更するだけで、個別の要求に対応できる。これは「設計のモジュール化」の典型例である。

「超」整理手帳でいえば、手帳に差し込むリフィルは「超」整理手帳というシステムの「モジュール」だ。「週間スケジュールシート」はいわば基本的なモジュールの一つだ。そして、A4というサイズさえ合っていれば(もちろんA5でもよい)、あらゆる書類が「超」整理手帳のモジュールになりうるのである。

   
「超」整理手帳公式ページ
Q&A
オフ会報告
投稿リフィル
インタビュー
スキュタレー暗号
Facebook
ORTHODOXEE
国立商店
       
bk1
「超」整理手帳のノグラボストア
ニュース   ブログ   「超」整理手帳Wiki   フォーラム   野口悠紀雄Online
ノグラボについて ノグラボプライバシー指針について
Copyright 2007- Nogulabo All rights reserved.