ノグラボ「超」整理手帳コミュニティ
ニュース ブログ  「超」整理手帳Wiki  フォーラム  「超」整理手帳のノグラボストア

「超」整理手帳のノグラボストア

「超」整理手帳のひとつの特徴。それはユーザ同士のコミュニケーションが非常に活発であることだ。フォーラムでの活発な意見交換、3年にわたって続けられてきたオフ会。ユーザ同士が「超」整理手帳について、非常に熱心に語り合う場は、それ自体、他のユーザを引き付ける。スペシャル版でも、ユーザのインタビューは好評だ。
他の地域のユーザからは、オフ会でどんな話が行われているのか、ぜひ知りたい、という声がたくさん寄せられてきた。そこで、ノグラボでは様々なユーザにインタビューを行い、1対1のオフ会を行い、その内容をウェブに公開することにした。主に、仕事と「超」整理手帳の関係について、様々な方から話を聞くことにしている。職業もバラバラだ。
こうしてインタビューを行っていくうちに、「超」整理手帳が実際にどんな風に使われているかも見えてくるだろう。そのうち、「超」整理手帳の発展の方向性も見えてくるかもしれない。
そんな期待をしながら、様々な方から話を伺っていくことにします。コメントや感想など、ノグラボまでお寄せ頂けるとうれしいです。

■■

継続する予定です

■第3回目  竹村朋子 さん
竹村さんは、あるコンサルティング会社に勤務されている方だ。社会人2年目なので、「超」整理手帳ユーザとしてはかなり若い層になる。竹村さんも、オフ会に参加された後に、もっと詳しく話を伺いたいと思ったうちの一人である。実際に話を伺ってみると、面白い使い方が次々と出てくる。

その1
05.11.22

その2
05.11.22
その3
05.11.22

■番外編  今野ひろこ さん
オーソドキシーは、代官山にある鞄と小物のオーダーメイドを行っている店である。ノグラボは、オーソドキシーの今野さんと数年間にわたり、共同企画を行ってきたが、その間、今野さんから教えられることは数え切れないぐらいたくさんあった。今回、オーソドキシーが、これまでとは全く違ったレベルの商品を作りたい、という強い思いからメダリオンとコンテスを提案されたのを機会に、オーソドキシーの店主である今野さんに話を聞くことにした

その1
05.11.19

その2
05.11.19
その3
05.11.19

■第2回目  濱永清隆 さん
濱永さんは、九州のFM局で仕事をされている方だ。「超」整理手帳のヘビーユーザーでもある。 毎週スケジュールシートを短冊状にして部下に配り、全員のスケジュールを書いてもらったらA4にコピーするという、グループウェア的な使い方をしていると伺った。その他、仕事の効率をあげるためのポイントなど、様々な角度から話を伺った。

その1
05.11.15

その2
05.11.15
その3
05.11.15
 

■第1回目 小幡英司さん
外資系ソフトウェア会社で営業を担当されている小幡さんは、「超」整理手帳の世界ではもっとも熱心なユーザの一人だ。オフ会に参加して頂くたびに、新しい提案を持ってこられる。そんな実験精神旺盛な小幡さんが、仕事と手帳の関係について、じっくりと語ってくれた。

その1
05.9.25

その2
05.9.26
その3
05.9.30
その4
05.10.1

 

bk1
「超」整理手帳のノグラボストア
ニュース   ブログ   「超」整理手帳Wiki   フォーラム   野口悠紀雄Online
ノグラボについて ノグラボプライバシー指針について
Copyright 2007- Nogulabo All rights reserved.